スポンサードリンク


豊胸で失敗しない!  >  豊胸手術(脂肪注入法) >  脂肪注入法(豊胸)とは

脂肪注入法(豊胸)とは


●脂肪注入法(豊胸手術)とは●


まずヒップや太ももなど気になる部分の脂肪を吸引し、その後、
採取した脂肪を精製してバストに注入するという豊胸方法です。
気になる部分がスリムになるうえに、バストが大きくなるという(豊胸)、
まさに一石二鳥の効果が得られる方法です。

そのため、全身をトータルにバランスよくスリムアップしたいと考えてる方にはぴったりです。

手術所要時間は、約2時間くらい。

入院する必要はありません。

傷あともほとんど目立たずきれいに治ります。

ページのトップへ ▲




●脂肪注入法のメリット・デメリット●


メリットとしては、人工物ではないご自身の脂肪を使うため、
これ以上安全でナチュラルなことはありません。
しかもバストへの注入は、注射器を用いて行いますので、
皮膚を切開することがなく、傷あとが残る心配がないことも魅力の一つです。
異物を身体に挿入することに抵抗のあるかた、バストをナチュラルに
ややふっくらさせたいという人に向いています。

ただし、デメリットとしては、バストに注入できる脂肪の量には限度があり、
1度に大量の脂肪を注入することはできませんので、
現在よりも2カップ、3カップ大きく豊胸したい方にはおすすめできません。

ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

豊胸手術(脂肪注入法)

ヒップや太ももなどの脂肪を吸引し、バストに注入する豊胸手術の方法。

関連エントリー

脂肪注入法(豊胸)とは
脂肪注入法(豊胸)の疑問


スポンサードリンク

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。