スポンサードリンク


豊胸で失敗しない!  >  バストについて >  理想のバスト

理想のバスト

目次 〜理想のバスト〜


●理想のバスト●


理想のバスト 女性であっても、やっぱり憧れるのは、ふっくらと盛り上がって、ツンと上を向いた形。
出るところが出ているメリハリボディの女性は男性だけでなく
女性の視線をも集めるのです。

では、多くの人の注目を集める「理想のバスト」とは、どういうものでしょうか?


・左右の乳首の間隔が顔の幅とほぼ同じであるである。
・左右の乳首の中心点からアゴまでの長さが、アゴから頭頂までの長さとほぼ同じで、
 左右の乳首と鎖骨の中心を結ぶ線がほぼ正三角形であること。
・乳房は8〜10cmの厚みがあり、やや上向きであるとともに外向きであること。
・バストサイズとヒップサイズがほぼ同じである事。

特に、左右の乳首と鎖骨の中心を結ぶ線がほぼ正三角形になっていると
もっとも美しく見えるようです。

また、バストサイズとヒップサイズについては、ヒップよりもバスとの方が、
少し小さめの方が全身のバランスで見た場合、バランスが良く見える場合もあります。

さらに、身長の50〜55%のバストサイズ、バストサイズの70%のウエストサイズが
理想的とも言われています。
これは、身長が160cmの人の場合、バストが80〜88cmで、
ウエストが56〜61cmが理想的な数値という事になりますね。

ページのトップへ ▲




●バストの形●


1、円盤型(皿型)
   お皿をふせたような形で、薄い盛りあがりがあるもの。
   日本人に最も多く見られる平均的な形。

2、半球型(おわん型)
   球をちょうど半分に割ったような形で、丸くこんもりとしている。
   理想的な美しいバストと言われるものには、この形が多い。

3、円錐型
   半球型ほどこんもりとはしていないが、乳首が前方に突き出している。
   セクシーで大人っぽい雰囲気がある。

4、ピラミッド型
   半球型と円錐型を合わせたような形。
   ボリュームがあり、前に大きく突き出している。円錐型と同様セクシーな雰囲気がある。
   ただし、張りがなくなると、垂れ下がりやすい。

5、下垂型(垂れ型)
   乳房全体が垂れ下がっている。

6、扁平型
   盛り上がりの少ない未成熟型。

日本人の女性の場合、半球型か円盤型がほとんどです。

ページのトップへ ▲




●バストの構造●


バストの構造 バストの豊かさや形にはかなり個人差があります。
これは、通常、乳腺の発達具合と皮下脂肪の量によって決まります。
ほかにも、女性ホルモンの分泌量によっても、乳房の張りや弾力に大きな違いが出てきます。

バストの構造は、
バスト(乳房)を構成しているのは、皮下脂肪、乳腺、皮膚、乳頭、乳輪です。

乳腺とは、乳汁を分泌する器官のことで、さわると筋のようにコリコリとした感触があります。

乳頭の周りは乳輪といい、ここは授乳時に赤ちゃんの口があたる部分です。
乳腺は乳頭につながっていて、出産をすると乳腺から乳管を通じて
母乳が出る仕組みになっています。

ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

バストについて

バストの役割を正しく理解し、もっとバストについて知りましょう。

関連エントリー

理想のバスト
日本人のバストの特徴・悩み


スポンサードリンク

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。