スポンサードリンク


豊胸で失敗しない!  >  豊胸手術(バッグ挿入法) >  バッグ(豊胸)の種類・特徴

バッグ(豊胸)の種類・特徴


●CMCバッグ●


感触が非常に柔らかく、なめらかな動きを生み出し、
人間の乳腺組織に極めて近い質感を備えています。

感触だけではなく、豊胸する上で安全面でも、現在最も進化したバッグといえます。
このCMCとは、口内スプレーや目の洗浄剤などの医薬品の原料にも使われており、
食品添加物にも含まれている人体に安全な天然水溶性物質です。

万が一、体内に漏れても尿とともに体外に排出されるため、安全です。

ページのトップへ ▲




●コヒーシブシリコン●


万が一、破れた時に周辺にしみこみ、膠原病などの疾患を引き起こす可能性があるとして
1992年、FDA(米食品医薬品局)から使用禁止の通達が出された事がありました。

しかし、最近FDAより問題はないとの、シリコンバッグの安全性が証明されました。

さらに、万が一、破れた場合も中のシリコンが外に漏れない構造になっているため安心です。

コヒーシブシリコンは触ってみるとやや硬いものの、仰向けに寝ても
自然な形が出せます。

ページのトップへ ▲




●ハイドロジェルバッグ●


ハイドロジェルとは、ムコ多糖と生理食塩水を混ぜてジェル状にしたもので、
感触はシリコンより若干固くなります。

万が一、破れても体外に尿とともに排出されるので安心です。

ページのトップへ ▲




●生理食塩水バッグ●


生理食塩水は点滴などに用いられている体にも安心、無害な成分です。
そのため、万が一破れるような事があっても、安心です。

ただし、胸が小さい人に入れると感触がやや固く感じられることがあります。

ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

豊胸手術(バッグ挿入法)

バッグ(人工乳腺)を大胸筋または乳腺の下に挿入する方法で、現在の豊胸手術の主流です。

関連エントリー

バッグ挿入法(豊胸)とは
バッグ(豊胸)の種類・特徴
バッグ(豊胸)についての疑問
バッグ挿入法(豊胸)の疑問


スポンサードリンク

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。