スポンサードリンク


豊胸で失敗しない!  >  豊胸手術(バッグ挿入法) >  バッグ挿入法(豊胸)の疑問

バッグ挿入法(豊胸)の疑問


●バッグはどこに入れるのか?●


大胸筋の下か乳腺の下にいれます。
その為、バッグ挿入法には「大胸筋下法(大胸筋の下に入れる方法)」と、
「乳腺下法(乳腺の下に入れる方法)」の2種類があります。

ちなみに、大胸筋は肋骨の上にあって乳房を支える筋肉で、
乳腺は乳房の中にあります。

ページのトップへ ▲




●バッグ挿入法のメリットは?●


2カップ以上の豊胸ができる

2カップ、もしくは2カップ以上のバストアップを希望される場合は、
バック挿入法だと可能です。

希望では、「2カップくらい大きくなりたい」というのがのが多いようです。

脂肪吸引法では、自分の体の脂肪を吸引して注入しますが、
1度にたくさん注入しても定着せずに吸収されてしまうため、
1カップ程度の豊胸(バストアップ)が適量になります。

ページのトップへ ▲




●バッグレントゲンに映りませんか?●


シリコンバッグはレントゲンに濃く映ります。

しかし、CMCバッグはレントゲン透過性があるので映りません。
さらにCMCバッグはCTやMRIにも映りません。

ページのトップへ ▲




●バッグは定期的に入れ替えるのか?●


その必要はありません。

ただし、他のバッグに入れ替える事は可能です。

ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

豊胸手術(バッグ挿入法)

バッグ(人工乳腺)を大胸筋または乳腺の下に挿入する方法で、現在の豊胸手術の主流です。

関連エントリー

バッグ挿入法(豊胸)とは
バッグ(豊胸)の種類・特徴
バッグ(豊胸)についての疑問
バッグ挿入法(豊胸)の疑問


スポンサードリンク

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。